このように家事をすると半分の時間を節約することができる!!!

多くの人は家事に多くて時間がかかり、とても大変だと思っています。時々掃除に励むが、数日後にはまた散らかっている。日が経つにつれてますます嫌になってきます。これを繰り返していると悪循環に入ってしまいます。

今日は家事をどうすれば半分の時間を節約できるかを共有します。一緒に効率的に家事をしていきましょう。

1.家事は妻だけがやることではないと、家族でやること家族全員い伝えます。
家事の計画表を作成し、家事人員を配分する。家族の他のメンバーの責任でもある。みんなで頑張りましょう。

そうすれば、時間を節約できらだけでなく、今までやってもらっていたことに感謝をするでしょう。

2.料理を作ることに関しては、時短になる方法があります。毎月のメニューを作成し、週に1回スーパーで食材を購入します。野菜は洗ってラップに入れて冷蔵庫で冷やし、肉類は日ごとに切ってラップに入れて冷凍します。

毎日、晩御飯を作る時に、早めに翌日の料理を切って冷蔵庫に入れます。夜は朝の雑穀ペーストやお粥を早めに準備しておくと、栄養が十分で手間が省けます。

冷凍食品を買いだめして置く方法も有効です。例えば冷凍ギョーザ、冷凍ピザ、冷凍チャーハンなど。1週間のお昼にチャーハンを2回食べることができます。ご飯は朝に炊飯器で時間を予約し、昼に家に帰って前日に用意した料理をそのまま使うことができます。

食器洗いは食器洗い乾燥機を使えば、しまうだけです。

3.洗濯機は、容量の大きい物があると便利です。一度に洗える量が多くなります。毎日着替えた服や靴下は収納バスケットに入れて、1週間に半日かけて集中的に洗う方法を取ることも出来ます。ただ、遊び盛りの男の子がいる家庭は、毎日洗わないと間に合わないかもしれませんね。

4.整理整頓(掃除含む)。月曜日に寝室を整理し、火曜日にリビングを整理し、水曜日に台所を整理し、木曜日に書斎を整理し、金曜日にトイレを整理します。このように、曜日を決めて行えば、悩むことなく整理整頓が出来るようになります。

5.クローゼットは季節を変えるときに一度大整理します。季節を過ぎた服は畳んで高いところに置いて、たんすの中には季節の服だけを入れるようにします。理想は、衣装ケースを季節の衣替えごとに準備して置き、入れ替える方法がもっとも効率的ですね。

これらの事を実践して、みんなが家事を少しでも楽に行えるようになるといいですね。
家族と共に家事のコツを覚えて一緒に家事が出来るようになれば、良いですよね。
これで悩みは、すくなくなると良いですね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP