どうやって息子を育てるの?

幼児期:

母子関係で最も重要なのは愛と付き添いを与えることだ。生まれてから6歳まで、男の子には安心感が必要の時期であり、この年齢の男の子は母の暖かい付き添いが必要です。

これも男の子がお母さんと親密な関係を築く重要な時期です。母の授乳、抱っことキスは男の子の最も重要な成長過程の一つです。

この時、お母さんが男の子に十分な付き添いと爱を与えなければ、未来において息子と親密な関係を形成することは難しいです。

男の子を抱きしめたいとき、彼を強く抱きしめてください。彼にあなたが彼を愛していることを知らせます。

少年期:

親子関係の絆は支持することと肯定することである。
男の子の少年期は、心の世界からの呼びかけを感じとる必要があります。

母の叱責と暴力は、男の子を失落させ、さらに自信を失い、自分が何をしてもだめだと感じさせてしまいます。さらに自分がいい子ではないと思うようになってきます。

少年期の男の子に対して、もっと肯定し承認を与えてください。息子に大胆にこの世界を探求させます。

彼が興奮して創造力と不思議な発見を紹介したとき、よく聞き承認に満ちた微笑みで彼に応えてください。

あなたは本当にすごいですね。あなたは素晴らしいですね、と。
自信と情熱に満ちた男の子の未来は期待できます!

思春期:

母子関係の良薬は時折、口を閉じることです。

思春期に入ると、男の子は体も考えも大きく変わります。
多くの母親が気づかず、権威的な態度で男の子を教育してしまいます。

これは賢明ではありません。思春期のお母さんは口を閉じることを学ばなければなりません。
思春期の男の子は大人になる準備をしています。

彼は考え方が確立される過程であり、親との考え方が違うこともあります。その際に彼と無理にぶつかってはいけません。

一歩下がって、彼とそばに立って、耳を傾けて聞き入り、黙って男の子に付き添って成熟に向かっていることを見守ってください。

時より、よく聞きことと理解は、思春期の母子関係の良薬である。
以前は息子と矛盾していたとしても、思春期後にはもっと親密になることができます。

男の子が大きくなる過程で、自分に責任を負う能力をつけてあげたいなら、このような機会をたくさん与えてください。彼はこれから自分で独立して生活しなければならないので。

母の愛は適切な距離感である。

男の子が幼児期にいるとき、彼はあなたの爱と付き添いを渇望しています。この時、彼にどんなに多くの爱を与えても、与えすぎと言う事はありません。これは彼の一生の自信と幸福の礎になるだろう。

男の子が少年の時期に入ると、男の子の気質が際立って、活発で行動することになります。彼の生活への情熱を見守ってください。彼がこの世界を体験し発見することを励ましてください。

そして、あなたはずっと彼の身の回りに付き添って、彼の探求と発見を素晴らしいことだと子供に伝えてください。

男の子が思春期に入るとこれは彼が大人になる前の移行段階です。心身ともに変化します。

以前の教育と規制を変更し、友達のように、彼の考えを聞いて、彼の悩みを理解してください。彼に挑戦する機会を与えます。実際の状況よって、彼に未来の導きを与えてください。

男の子が成長する段階ごとに、お母さんが学ぶ知識は違います。

本当の母の愛は、男の子が小さい時に十分な愛を与えて、また男の子が大きくなった時には、そっと離れていくのが良いでしょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP