仕事してると家事の時間たりないよね。楽にする方法ありますよ

仕事終わってから、疲れている中で家事をするの大変ですよね。どうすれば楽になるか色々調べてみました。その中で、これは良いと思った物を3点紹介しますね。

疲れていてもシステムのように出来る生活の改善方法

・決まったセットを作っておく
・苦手な家事は、なるべくやらない方向で代表できる方法を考える
・やる気が出ない時は、休む。期限を決めてですけどね。

例えば、掃除などは、一気に行うのではなく、一部を掃除するという具合にしていけば、だんだん散らかっている家全体が徐々にかたずいてきます。

その際にポイントとなるのゴミ捨て日、ゴミ袋、掃除道具など一か所にまとめておくこと大事です。掃除をすると決めたら、そこにいけば、全てがわかる、掃除道具がある状態になっているとはかどります。

料理も、休みの日に仕込みをしておく。タッパーなどからお皿に盛り付ければ終わりの状態のおかずを作りしておく。火を通すだけの状態まで作り置きして、ジップロックに入れて保存しておく、など色々あります。まあ、冷凍食品を買いだめしておくなんて、方法もありましけどね。

疲れているとどうしても出来ない家事作業が出てきますよね。
例えば、洋服をたたむ作業は、結構時間がかかり大変です。

これも考え方によっては、アイデアがあります。ハンガーに吊るしておく洋服は、ハンガーにつけて干す。畳むと考えると気が重くなる下着や洋服は、籠を用意して、そこに放り込んでおく。
これだけでも、気が楽になってくると思います。これのメリットは、部屋が散らからない事ですね。

やる気が出ない時は、やらなくても良いと思います。その方が精神衛生上も良いです。ただし、期限を決めてくださいね。そうしないと、ダラダラと区切りのない状態になってしまいます。

期限を切るのには、良いこともあります。休んでいても罪悪感に駆られることがなくなります。
家事をやらないでいるとどうしても後ろめたさが出てきてしまいます。そうすると心も休めない状態になります。ゴールデンウィークなど会社が決めた休みは、休みとしてくつろげますよね。
その様な感覚ですね。

家事は、永遠に続きますので、無理をしない続けられる方法は考えてください。
もっと良い方法があれば、コメント欄に書き込んでくださいね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP