利用する前に知りたい!家事代行サービスのデメリットと対策を紹介!

近年、グッと需要が高まり身近な存在になった「家事代行サービス」。自分の代わりに、家事をやってくれるので時間と心に余裕ができたり、生活を充実させられたりと、たくさんのメリットがあるサービスです。

便利な家事代行サービスが気になっている、利用してみようかなと考えている人も多いのではないでしょうか。

その一方で、他人に家のことを任せても大丈夫?トラブルは?
などと不安に感じていることもあるでしょう。

この記事では、家事代行サービスに関してのデメリットを紹介していきます。メリットだけでなく、デメリットも理解した上で、利用するかどうかを考えてみてくださいね!

家事代行サービスを利用するデメリット

・お金がかかる

当然ではありますが、家事代行サービスを利用するとお金がかかります。最近は、家事代行サービスの需要に伴い低価格化が進んできていますが、1回2〜3時間で1万円ほど。

週に1回頼むとすれば、1ヶ月で4万円、1年間で48万円と、大きな出費となり家計を圧迫してしまう可能性があります。

また、会社によっては年会費や入会金、曜日や時間の割増料金がかかるところもあり、想像以上に大きな出費になってしまいます。家事をしなくてラクだからと言って、高頻度で利用してしまうと後々、後悔することになりますよ。

⇒対策!

家事代行サービスは、高頻度で利用すると高い請求金額がかかってきます。本当に、お金を払ってまで利用する価値があるのかをしっかりと考えて、オプションやプラス料金のないシンプルで分かりやすい料金システムの会社を選ぶと失敗しにくいです。

また、金銭面に余裕はないけど家事代行サービスを利用したときは、お願いしたいときだけお願いするスポット利用もおすすめですよ。

・スタッフごとで技術に差が出る

家事代行サービスの会社では、基本的にスタッフに対して研修や教育を実施してサービスの品質が同じになるようにしています。

しかし、スタッフのサービス品質を一定にするのは難しく、スタッフによって仕上がりに差が出てしまったり、得意不得意の家事があったりと、スタッフごとで技術に差が出てしまうことがあるんです。

また、派遣やアルバイトのスタッフも多く、依頼する家事代行業者やスタッフを見極めなければ、満足できるサービスが受けられない場合もあります。

⇒対策!

スタッフごとでサービスの品質に差がでないように研修や教育をしっかりとおこなっているところを選ぶようにしましょう。派遣スタッフやアルバイトだと研修や教育が行き届いていなかったりします。

マッチングで見つける家事代行サービスでは、しっかりとしたスタッフ研修や教育がおこなわれていない可能性もあるので、要注意です!

・担当スタッフと合わないことがある

家事代行サービスを契約すると、担当のスタッフを付けてくれることがほとんどです。しかし、担当のスタッフと家事のやり方が合わなかったり、料理の味が合わないなど、担当スタッフとの相性がよくないこともあります。

「家事をしてもらうだけだから相性は関係ない」と思っている人でも、担当スタッフのやり方を無理やり押し付けられれば不快に感じてしまいますよね。

また、家事のやり方にこだわりがある人にとっては、自分のやり方を理解してくれるスタッフじゃないと精神的に辛いですよね。担当スタッフとの相性は今後、家事代行サービスを利用する上で重要な判断ポイントになりますよ。

⇒対策!

担当のスタッフとしっかりとコミュニケーションをとって、自分のこだわりややり方を理解してもらいましょう。コミュニケーションを取ったけど担当スタッフとうまくいかないと感じた場合は、スタッフの交換を依頼しちゃってOKです!

スタッフの交換が必要になることを考えて、スタッフ交換OKな家事代行サービスの会社を選びましょう。

・盗難や破損の危険性

家事代行サービスを利用するとなると、盗難や破損の可能性もあります。どんなにしっかりスタッフ研修をしている会社に依頼しても、盗難や破損の危険性はゼロにはなりません。

一般的に家事代行サービス会社は損害賠償保険に加入しているので、作業中になにかの拍子で物を壊してしまった、掃除中に家具や床を傷つけてしまった、家事代行サービスを利用後に家の中を確認したら物がなくなっていた、などのトラブルは、金銭面での補償をしてしもらえる可能性は十分にあります。

しかし、思い出の品や一点物、大切にしてきたものに関してはいくらお金をもらっても解決できないことですよね。盗難や破損の危険性があるということは家事代行サービス利用前に十分に理解しておきましょう。

⇒対策!

どうしても、盗難や破損は避けたいものがあれば、事前に家事代行サービスのスタッフの手が届かないところに保管しておきましょう。

見えるところや廊下の棚などに置いてあると盗難や破損の原因になりかねないので、事前に別のところに保管しておくと安心です。

・プライバシーに関するリスク

不在時に利用することの多い「家事代行サービス」。サービスの品質を高めるために、スタッフの研修には力を入れているところがほとんどですが、全くの他人を自宅に入れる以上プライバシーに関するリスクがゼロになるわけではありません。

自分が不在の間に何かを漁られて大事な個人情報や友人、会社の情報、プライベートなことが漏洩してしまう可能性も少なからずあります。

家事代行サービスの会社とスタッフは、機密保持契約を締結しているため個人情報やプライベートな情報が漏洩することはまず考えられにくいですが、個人情報やプライベートが他人に知られるリスクがあることも重々承知しておきましょう。

⇒対策!

他人に知られたくない趣味や大切な個人情報、プライバシーに関わる書類などは事前に金庫にしまったり、鍵をかけておくなどして保管しましょう。

また、入ってほしくない部屋や場所があるなら事前に話しておいて、それでも不安なら鍵をかけておけば安心です。

・家事の仕上がりに不満

せっかく家事代行を依頼したのに、掃除が行き届いてなかったり、思いの外きれいになっていないということがあり、仕上がりに満足できなかったという場合もあります。

この場合は、時間と依頼内容が見合っていなくて、時間が足りず仕上がりも中途半端になってしまったというものです。

せっかく家事代行サービスを依頼したのに、満足いく仕上がりになっていないと、「お金の無駄」「自分でやればよかった」と後悔することになります。

⇒対策!

家事の仕上がりに不満が残ってしまわないように、事前にスタッフや業者との相談をしっかりとしておきましょう。掃除を重点的にしてほしいのか、作り置きに時間を使ってほしいのか、など依頼内容に優先順位を付けておくのが大切です。

1番やってほしい家事に100%使ってもらうのか、80%で複数の家事をこなしてもらいたいのかで時間配分も変わってきます。自分の中で何をどれくらいしてほしいのか優先順位を付けて依頼すると失敗しにくいですよ!

デメリットを理解した上で家事代行サービスを活用しよう

家事代行サービスには、時間や心に余裕が持てたり、家事へのストレスが解消されたりといい面がある一方で、多くのデメリットもあります。

ただ、デメリットと言っても事前に対策をしたり、しっかりとした安全性の高い会社を利用することで解決できるものばかりでした。メリットだけでなくデメリットも理解し、納得した上で利用すると満足度はより高くなるでしょう。

自分のため、たまの贅沢のために家事代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP