収納の妙技をシェア!この3つの方法をマスターして、家事の整理をするのはもっと楽になります!

日常生活の中でいくつかの小さな技を使って、生活の効率を高めて、私たちが時間を節約して、効率的に家事を楽にすることを助けますよ。今日は、私が学んだ収納の技を皆さんにお伝えしたいと思います。この3つの技をマスターして、家事の整理をもっと楽にしょう!!

一:部屋の中の物の“分類”をしっかりと行います。 

日常の家庭の整理の中で、私たちがよく直面している難関の一つは「部屋の品物が多すぎる」ということです。自然は手をつけることができなくて、この时分類の重要な役割を体現します。
整理を始めたばかりの頃は、面倒を恐れないでください。

家の中の物を分類するには、最も必要なのは時間と忍耐力です。収納整理に時間を割いて、家の中の物を分類します。不要なものを淘汰し、生活の必需品だけを残す。

これは、断捨離にもつながるのですが、やらないと意外にモノって増えてくるんですよね。
何でですかね。この部分は、自分でもよくわからないです。

『かわいい』『素敵!』なんて、ショップで言っていると買っているときがありますよね。
ちょっと控えますね。

二:分類された品物に「ラベルを貼る」

 片付けたものに対しても、リラックスできません。分類後、後続の処理をしないと、時間が長くなっても同じようにめちゃくちゃにされます。

だから私たちは2つ目の技を学ぶ必要があります。家の中のこれらの分類されたものを「ラベルを貼る」。

ラベルを貼るのは収納整理でよく使われる方法の一つです。まず、ラベルを貼ることで、自分が物を置く場所を忘れないようにすることができます。

次に、ラベルを貼っても、視覚的に一目瞭然の効果が得られます。

まあ、これらの事は、会社務めでファイル整理をしたことがある人は、経験しますよね。
コクヨさんには、お世話になってます。ただ、自分の言えとなると誰かが指摘することもないので、意外にやらないんですよね。やりましょう!

三:収納のサイズと仕様を統一します。

 タイトルの通り、分類してラベルを貼ったものには、視覚的に統一する必要があります。収納整理を行う際には、できるだけ規格寸法が一致する収納ツールを選び、視覚統一を保つ。このように収納された家は、より整然と美しくなります。

購入時期がずれると、意外に統一感がなくなってしますので、最終形を考えて一気にそろえてしまうのが、コツですね。多少出費はかさみますが、その後、綺麗になることを考えたら統一した方が良いですね。

最後に、以上の分かち合いを見て、みんなはすべてマスターしましたか?

もっと良いアイデアが合ったら、コメントで教えてくださいね

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP