子供と一緒に本を読みましょう。

朝起きてから赤ちゃんに絵本を10分読んであげましょう。

優秀な絵本は簡単な説教ではなく、子供年齢,認知能力、心理的特徴、発展ニーズに基づいて作られています。

絵本の題材は多様で、知らず知らずのうちに子供の早期教育の目的を達成することができます。絵本を借りて子供は自分の心の世界に入ることができます。

絵本は幼児の人生の最初の本として、その生き生きとした味わいは幼児の好奇心の天性を満たし、幼児のために世界への扉を開けられました。

絵本を借りて、幼児は自分の感情を解放して、心理の発展の需要を満たすことができます。同時に、他の方面の発展を促進することができます。

子供は絵本の物語に対する理解の中で、自分の心を強くし、自分の物事に対する判断を確立してきました。

以上で、毎起きったら、必ず潤さんと一緒に絵本を読みます。
初めは潤ちゃんと一緒に「いないいないばあ」を読みました。

いない いない ばあ
にゃあにゃが ほらほら いない いない……

ばあ
いない いない ばあ

くまちゃんが ほらね いない いない……
ばあ

いない いない ばあ

こんどは だれだろ いない いない……
ばあ

いない いない ばあ

こんこんぎつねも ほらほら いない いない……
ばあ

こんどは のんちゃんが いない いない ばあ

毎回この本を読むときに、必ず私と潤ちゃんも手で目を覆って、いない いない 遊びをしました。楽しかったです。何回いない いない遊びを繰り返して、次の探し遊びをしました。

あら、金魚が逃げた!
どこに逃げたの?

カーテンの上、花の茂みの中、キャンディの缶の中、果物の皿の中……
どこににげたの?

そして、このやんちゃな子は鏡の上で「分身術」をして、そっくりの金魚3匹になりました。
いったいどれが本物の金魚なのか

金魚がたくさんいる大きな池に飛び込んで

どの金魚が私たちが探しているのですか?

「きんぎょが にげた」を読みながら、潤ちゃんと一緒にきんぎょを探しました。すぐ画面にきんぎょを探し出されますことは初めは思わなかったです。不思議ですね。

引用 いないいないばあっ、きんぎょが にげた

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP