子供の良い性格を育てましょう

1.子どものミスを許す

子供が過ちを犯すことを許すのが、親の最も理性的な教育方法ですね。人は聖人ではないのでだれもが間違いをおかします。 

大人は間違いを犯すし、ましてや成長中の子供にどう見えているのであるか。子供が過ちを犯すのは怖くない。恐ろしいのは子供が過ちを犯した後、親が正しい指導方法を知らない事です。

子供に自分が何を間違っているのかを理解させることもできないし、子供を正しく導いて間違いを正すこともできない。

このような教育方式は子供をますます歪ませるだけだ。

子供が間違いを犯すと、私たちは傍観者の角度に立って、子供に分析して、子供が間違いを発見して、自分から反省する事を引きだすことを啓発しなければなりません。

子供にその事がどんな結果をもたらすかを教えて、自分でどのように解決するかを決めさせます。親も子供と一緒に解決することを提案することができます。

子供は絶えず過ちを犯す過程でこそ、過ちの中で考え成長を得ることができる。
これも成長に必要な過程です。

2.子供にモラルを教える

「子供に罪はない」ということわざがあります。世の中には悪い子はいない。

常識のある親は、子供に社会モラルを教えて行きます。それは、子供にとって一生の財産になります。

その中の例
➀いつまでもうそをついてはいけません。
②問題があったら何とかして解決しようとするが、そのとき、お母さんを呼んではいけない。
③大胆に挑戦し、挫折や失敗を素直に受け入れる。
④毎日計画的に勉強しなければならない。
⑤できることは自分でやる。
(例えば、部屋を片付けたり、かばんを片付けたり、翌日着る服を準備したり…)
⑥食べ物を無駄にしてはいけない。お百姓さんに感謝しなければならない。
⑦相互尊重する。目上の人に対しても同級生に対しても。
⑧仕事をするには根気よく続けなければならない。継続することが大切だ。

3.子供に対して態度は優しくしっかりする

子供を教育するには、子供の行動にかんしゃくを起こし怒ってはいけません。子供たちの行動を優しくしっかりとみつめ、少しの手助けだけでいい。

このように何度も繰り返すと、子供たちの体は自然に覚えてしまいます。優しさは甘やかすことと同じではなく、間違いをわからせるときは、話す態度、伝え方、語調、声調に注意しなければならない。理由があればあるほど、態度が緩和され、声が柔らかくなるようにしなければならない。

子供を叱っても、優しく、温和で、接することが大切です。

4.道理を説く注意の仕方

子供たちの成長に伴い、彼らの思考と理解能力は次第に成長していきます。子供は親の言うことに真剣に聞かなくなる時期があります。親が話せば話すほど、子供が聞くのがいやになります。

①子供を尊重する

子供に真実を理解させることが大切ですが、子供の自尊心はもっと重要であることを覚えておいてください。

②タイミングを見計らって理屈を話す。

日常生活の些細なことを通じて、子供の考えを評価させることができます。この時、子供は両親の尊重を感じることができます。両親はこの時に子供に道理を話します。このタイミングが子供が最も受け入れやすい状態です。

③たとえ話や例で理屈を言う。

子供に直接「これは間違いだ、こうすべきだ……」と言ったら、子供がすねるときがあります。
私たち大人でも、他人に直接このようなことを言われたら、嫌な気分になりますよね。子供もそうです。

私たちは子供に物語を話したり、物語を通じて真実を映したりすることで、子供に親の心を理解させることができます。

5.子供を平等に扱う、子供を尊重する

まず私たちは「傍観者」になることを学ばなければならない。子供の思想と主張を尊重し、「親の威厳」で子供を抑えてはいけない。

子供の心の声をよく聞いて、彼らの本当の考えを理解して、適切なアドバイスを与えなければならない。

結局、親も自分の意思を子供に押し付けることはできない。

例えば、子供に自分が当時実現できなかった願望を実現させたり、子供に自分の嫌いなことを強要したりするなど。

6.子どもを励ます

子供の成長には励ましが必要で、毎日の励ましも必要です。
励ましは子供の成長の栄養という方もいるくらいです。

励ましは、子どもの心の奥底で「物事の道理を考える能力」理性を育むことになります。励ましは人に自信を与え、勇気を与え、方向と目標を見つけるのを助けるのに役立ちます。

子供が成功したときだけでなく、失敗や挫折したときに子供を励ますべきだ。

7.子どもの無理な要求を無視する

子供のいくつかの理不尽な要求に直面して、保護者たちが一般的に取っている方法は2つあります。

説得できなかった後、直接暴力で拒否したり、子供をののしったりします。もう一つは、妥協するかです。この2つの事は、子供に良い性格を形成するには、いずれも不利であることは明らかだ。

保護者は自分が日常生活の中で子供の心理的な影響を考え反省しなければならない。よく命令の形で子供に何かをさせてはいけません。子供に選択権がありませんから。

また、生活の中で下記3項目を考えてください。
①子供の合理的な要求を満たす
②子どもに選択権を与える
③「命令的」の代わりに「要求し判断できる」言葉遣いをする

8.自分の思いを子どもに押し付けてはいけない

子供たちはだんだん独立した個人になっていきます。彼らは自分の考えを持っていています。
自分の趣味をもち始めます。保護者は子供の立場に立って子供の気持ちを理解して、子供の需要を満たすことを学ばなければなりません。

子供と衝突するときは、親は一方的に子供の言う事を聞かないのは良くないです。子供が意見を伝えることを許さないことに注意しなければならない。

一部の問題では、親は子供に強要する必要は全くなく、できるだけ子供の意思を尊重すべきこともあります。

親は立場を変えて考えることを学ばなければならない。子供が何も知らないと思ってはいけない。

この頃の子供は意識が徐々に形成され、自分の考えと態度を持つようになります。私たちは子供の考えを尊重し、意見と指導をしなければならない。

同時に私たちも子供に自分の考えを押し付けないで、子供に自由な思考を学ばせなければならないです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP