料理の時間は短縮できる!料理の時短テクを紹介

ひとことに「料理」と言っても、ご飯を作るだけではありません。食材を購入するところから片付けまでが料理です。

料理は他の家事と比べてもやることが多いため、時間も必要とします。しかし、やることが多いからこそ短縮できる部分も実は多いんですよ!普段、料理に費やしている時間を振り返り、余計な部分を短縮できればその分、時短で料理を作れます。

ただ、短縮できる部分を知らないと普段の料理の過程で短縮しようとしてもできません。そこで、今回は料理の手間や時間を短縮する「時短テク」について紹介していきます。

買い物から片付けまでの過程でできる料理の時短テク

1.買い物はまとめてする

何かと時間のかかってしまう「買い物」、週にどれくらいしていますか?1日に1回はするという人、2、3日に1回など人によって様々だと思いますが、買い物はできるだけ少なく、最低でも週に2回ほどに減らしましょう。

週に何度も買い物をすると、買い物をする時間を毎回確保しなくちゃいけなかったり、本当に必要なもの以外も余計に買ってしまったりと時間だけでなく、お金もかかってしまいます。

事前に1週間分や5日分など、まとまった日数分の献立を考えてからスーパーに行けば必要な食材は決まっているので必要に買い物をすることなく、スムーズに買い物ができるようになるので、時短になるんです!

2.混ぜるだけでOKの副菜を準備

事前に作り置きをしておくと、いざというときに時短で料理が作れるから便利!という話を耳にしますが、忙しいとなかなか作り置きなんかできませんよね。そんなときは、混ぜるだけでOKな副菜を作っちゃいましょう。混ぜるだけで1品完成するので、忙しい時の時短テクになりますよ!

例えば、一口大にカットしたきゅうりにサバ水煮缶とレモン塩だれを加えるだけ作れる「さば缶ときゅうりのレモン塩だれ和え」やカットしたピーマンと塩昆布、米油を混ぜるだけの「ピーマンの塩昆布和え」、電子レンジで火を通したほうれん草を食べやすい大きさにカットし、韓国のりとしょうゆ、ごま油、いりごまを入れたら軽く混ぜて完成の「ほうれん草と韓国のりのナムル」など5分以内で素早く作れる副菜のレパートリーを用意しておきましょう。

3.電子レンジで下準備

野菜を茹でたり、柔らかくしたりする下準備は全て電子レンジで解決しましょう!わざわざ、お湯を沸かして茹でたり、フライパンで火を通したりするのは時間がかかる上に洗い物も増えてしまいます。

そんなときこそ、電子レンジを活用しましょう。野菜を水で洗って水気が残ったままラップに包んで、電子レンジにかければ簡単に茹で野菜が完成します!下準備もあっと言う間に完成で時短に!

葉物野菜なら600Wの電子レンジで約1分、根菜類なら約5分ほど、ナスやピーマンなどは約3分ほどで野菜を茹でられます。電子レンジにかけている間に別のこともできるので、効率よく料理が作れますよ。

4.調味料は厳選する

キッチンにはどれくらいの調味料が並んでいますか?今は便利な調味料や珍しい調味料が販売されていて、スーパーにいくと、ついつい気になってしまいますよね。

ですが、普段使う調味料は決まったものばかりではないでしょうか。基本的な調味料が揃っていれば、だいたいの料理は作れるので必要以上に調味料を揃えなくてOKです!

特に時短で料理を作りたい人は、必要以上に調味料を置かないようにしましょう。たくさんの調味料があると、いろんな調味料を使ってみようという気持ちになって、どんどん時間がかかってしまうんです。

普段使ってる調味料は何か、使っていないはどれなのか再確認して、本当に必要なものだけに絞ってみてください。最初は不便に感じますが、キッチンがきれいになるだけでなく、シンプルな調味料だけでも十分美味しく時短で料理を作れるようになりますよ。

5.お肉や魚の下味はトレイの上で

お肉や魚を買うと必ずと言っていいほど、トレイが付いていますよね。あのトレイ、食材を取り出したらすぐに捨てていませんか?ちょっと待ってください!

お肉や魚に付いているトレイは、まな板の代わりとして使えるんです。トレイの上で片栗粉をまぶしたり、塩コショウをふったりとまな板に移すことなく、トレイの上で作業ができちゃうんです。

トレイの上で作業すれば、トレイから食材をまな板に移す手間が省け、洗い物も出さなくて済むので時短になります。作業が完了したらトレイは洗って捨てればOK!

6.ワンプレートで盛り付ける

料理が完成したらいざ、盛り付け!盛り付けるときは、片付けや洗い物のことを考えて、ワンプレートで盛り付けを完成させちゃいましょう。

副菜からメインまで全ての料理をワンプレートにのせちゃってOKです。汁気のあるもの以外はまとめてワンプレートに盛り付けちゃえば、お皿の数を減らせるので洗い物の数も少なくできます。

仕切りのないシンプルな平皿があれば、おかずの数が毎回違ってもワンプレートで盛り付けられるので、おすすめです。

時短テクを使って、もっと簡単に料理しよう

料理の時短テクは、料理に費やす手間や時間を減らすことです。普段、どんな風に買い物し、どんな風に料理を作っているのか振り返ってみましょう。

意外と無駄に買い物をしたり、買い物にかかる時間が長かったり、洗い物をする時間が長くなったりしていませんか。

1つでも無駄な行動や時間を多く使っている部分が見つかったら、そこが料理時間を短縮できるポイントです!料理にかかる時間が短くなれば、料理に対してのストレスが軽減し、料理が楽しくなってきますよ。時短テクを使って料理を楽しみましょう!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP