超簡単!掃除の時間を短縮するテクニックを紹介

家の中がきれいに整頓されていて、掃除も行き届いていると心もスッキリして気持ちがいいですよね。
しかし、そこまでピカピカにする掃除は時間も体力もなかったり、掃除をしてもすぐ汚れるからやる気が出なかったりしませんか。

掃除というと時間を作ってピカピカにするイメージがありますが、実は日々の生活の中に潜む時短テクニックを活用することで面倒な掃除いらずで、きれいが継続しちゃうんです!
面倒で時間のかかる掃除を超簡単にできる時短テクニックを紹介していきますね。

1.床や机に物を置かない

掃除を時短で済ますには、床や机に物を置かないことです。
リビングに物が散乱していたり、書類や本が机の上に広がっていたりすると、掃除の前に片付けという別の作業をしなくちゃいけなくなるので、スムーズに掃除ができなくなります。

物は必ず決められたところに戻すようにしましょう。
決まった場所がなく、ついつい床や机に置いてしまう人はワゴンやキャスター付きのボックスなどに入れ、移動できるようにしておくと便利です。

たったこれだけのテクニックですが、床や机に物がなければビックリするくらいスムーズに掃除が進みますよ!

2.掃除道具は汚れやすいところに分散収納

掃除道具は決まった箇所に収納するのではなく、いつでも掃除ができるように汚れやすいところに分散して掃除道具を収納しましょう。

汚れを見つけても掃除道具を取りに行く手間を考えると、どうしても後回しにしてしまったり、掃除をしようとしたときに忘れてしまいがちですよね。汚れは放置するとこびりついて落ちにくくなってしまいます。

汚れに気づいたらすぐに掃除ができるように分散収納がおすすめです。リビングにはフロアモップ、食卓にはウエットシートやクリーナーなどを手の届きやすいところに掃除道具を置くだけで、道具を準備する手間が省け、掃除の時短に繋がります。

3.ついで掃除・ながら掃除を習慣化

掃除の時間を短くする最大のテクニックは「ついで掃除」と「ながら掃除」です。わざわざ掃除の時間を確保しなくてもついでに掃除をしたり、何かしながら掃除をするだけで、キレイが継続してくれるんです。

朝起きてモップつきスリッパを履いて移動したり、フロアモップを持って掃除しながら移動したり、ご飯を作ったついでに拭き掃除、洗い物のついでにシンク掃除、お風呂上がりのついでにお風呂掃除など、何かをしたときのついで、何かしながら掃除をすれば生活の中で溜まる汚れはなくなります。

慣れるまでは時間がかかりますが、習慣化すれば超時短に!ながら掃除、ついで掃除は1,2分あれば完了してしまうので、掃除時間を確保する必要がなくなり、日々の掃除も超簡単になりますよ。

4.汚れは溜め込まない

汚れは溜まるから面倒になるのであって、溜まらなければ超簡単に掃除ができちゃいます。キッチンでの油汚れやお風呂や洗面台の水垢、カビなどは最初の段階であれば簡単に汚れが落とせたり、水垢やカビの繁殖を防ぐことができます。

その日のうちに出た汚れは、その日のうちに解決するだけで、後々の掃除が超ラクになるだけでなく、毎日家がきれいになるという夢が叶っちゃいますよ!

5.掃除道具や洗剤は厳選する

掃除道具や洗剤は使い回せるものだけに厳選しておきましょう!掃除場所に合わせて洗剤を出したり道具を準備して片付けたりと場所ごとに掃除道具があると何かと不便なんですよね。

掃除道具や洗剤が使い回せるものだったら準備も片付けも超簡単になりますよ!例えば、アルコールスプレーなら油汚れやガラス、ステンレスの掃除に使えたり、クエン酸と重曹があればお風呂やトイレ掃除にも使えちゃいます!

掃除道具や洗剤は厳選すれば、洗剤や道具を選んだり持ち替える手間なく掃除に取り掛かれますよ。

6.上から掃除する

掃除の基本である上から掃除をする。ほとんどの人が掃除をする上で気をつけているポイントだと思います。

しかし、上から掃除するたったこれだけのテクニックですが、掃除をする上で最もと言えるほど重要なことなんです。家電や棚の上、電気から掃除してホコリを下へ下へと落とし、床であれば汚れが多い奥から手前に向かってホコリやゴミを集めるようにしましょう。

順を追って掃除をするだけで、効率よく1度で掃除完了できるので、意外と大切な時短テクニックなんですよ!

7.ゴミ箱の数を減らす

地味に時短になるのが「ゴミ箱の数を減らす」というテクニックです。ゴミ箱が多ければ多いほど、ゴミを回収しなければいけないので、地味に時間がかかってしまいます。

キッチンやリビング、寝室、自分の部屋、子供部屋など部屋の数に合わせてゴミ箱があれば、それだけゴミを集めて回らなければなりません。

キッチンやリビングに大きなゴミ箱を1個設置しておけば、自然とゴミが1ヶ所に集まるのでゴミを回収する時間がなくなり、時短になりますよ!

8.掃除の終了時間を決めておく

一度、掃除を始めるといろんなところが気になって、気がついたら1日中掃除をしていた、なんてことありませんか。

掃除を始めるとあっという間に時間がなくなってしまう人は、事前に掃除の終了時間を決めておきましょう!

終了時間が決まっていれば時間内にできる範囲を重点的に掃除したり、掃除に集中して短時間で掃除を終わらせられますよ。どうしても、だらだら掃除してしまう人は掃除の終了時間を決めてから掃除を始めるのがおすすめです!

まとめ

掃除というと、掃除の時間を確保して隅から隅まで掃除をしなければいけないというイメージがありますが、気がついたときにサッとひと拭きしたり、汚れを落とすだけでOKな簡単な家事なんです。

日々の掃除を難しく考えず、小さな時短テクニックをコツコツ積み重ねれば大きな時間を確保できます。時短で作った大切な時間を、自分や家族のために使ってくださいね!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP