野菜の保存の工夫!!!

自宅で過ごすことが増えてからは、買い置きをしている家庭も増えていると思います。野菜の保存は日常生活の中で最も重要な事の一つになりましたね。

世界ではスーパーが閉鎖された時、一部の人は楽観的で、毎日冷蔵庫に貯蔵している食べ物、カップラーメンなどしか食べず、政府の救援を辛抱強く待っている方々もいました。

一部の人は前向きで、野菜や食べ物を大量に冷蔵庫に貯蔵しています。しかし、冷蔵庫の容量には、限界があり保全できない場合、大半が腐ってしまいます。

非常にもったいないことであり、実用的ではありません。今日はいろいろな野菜の保存方法をお伝えします。マスターすれば、どんな状況でも日常生活を維持できるようになりますよ。

1:普通の緑葉菜 保存期間:3日~1週間

キッチンペーパーで緑葉菜を包むと水気を吸収します。それをラップ袋に入れる。この方法は、もともと3日しか入れられなかった緑葉菜を1週間ほど延長することができます。

2:根茎野菜 保存期間:1週間 ~3週間

例えばニンジン、ズッキーニなどの根茎類野菜、ラップで丸ごと包むと、水分の蒸発を防ぐことができます。サクサクとした食感を保つ。

3: ネギ、しょうが、ニンニク 保存期間:2週間 ~ 1か月

アルミホイルも台所に必要な宝物です。アルミホイルを適当な大きさに切る。食材に密着してネギ、ショウガ、ニンニクなどの具を包みます。室内の通風日陰に置いて、1ヶ月保持することができます。

4.じゃがいも、サツマイモ 保存期間: 1か月 ~ 2か月

要らないダンボール箱を探して周りに穴をいくつか刺して、底に古い新聞を敷いて砂を入れる。ジャガイモとサツマイモを砂に埋めて、砂でちょうど覆われるくらいにします。これにより、光合成を減らし、ジャガイモの発芽速度を遅くすることができます。

また、水気との接触を避け、乾燥を保つことができます。ただし、ジャガイモとサツマイモは一緒に保管してはいけません。一緒に保管すると悪くなってしまうようです。

5.キノコ類 保存期間: 数ヶ月

キノコ類は水気に触れてはいけないので、収穫したキノコは洗浄できません。表面の汚れをウェットティッシュだけで拭き取り、柄を切除した後、スライスします。そして、ラップ袋で封をして冷凍すればいいです。

これらの方法を覚えておくと、食材を長期間保存できるだけでなく、料理の時間も大幅に節約できます。

本当に素敵ですね!
みんな早く一緒にやってみよう!!!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP